D/Eレシオとは何か?-投資ファンドによる企業分析指標解説-

D/Eレシオ(デット・エクイティ・レシオ)とは何か?計算式はどうなる?

D/Eレシオ(デット・エクイティ・レシオ)は、負債資本倍率とも呼ばれ、

「有利子負債÷自己資本(株主資本)」

という計算式によって算出されます。企業のD/Eレシオを分析するのには、どのような意味があるのでしょうか。今回のコラムではそちらをじっくりと解説していきます。

企業分析の4つの視点

M&Aにおいて、買収候補先を選定、検討するとき、あるいは、M&A以外の場面でも、特定の企業の財務状況や特性を把握したいときには、以下4つの観点で分析する必要があります。

1 収益性・生産性
2 安全性
3 リスク
4 成長性

この4つの観点で、財務諸表を読み解いていくことで、数字の裏にある背後情報や、評価対象企業のキャラクター、置かれている状況などを推し量ることができます。

企業分析について、細かい解説はコチラを参照この4つの企業分析のうち、主に「②安全性」を分析するための枠組みとして、D/Eレシオを用います。

安全性とは、企業財務の健全性のことです。どれほど、収益性や生産性の高いビジネスを行っていても、企業のキャッシュフローが不安定で、資金ショートが発生したりすると、企業は倒産、そして元本や利子の返済も不可能になります。


そのため、安全性という企業の財務状況の健全性、安定性を把握し、企業が持つ財務リスクの度合いを明確にするための指標が必要なのです。

D/Eレシオについて詳しく解説

何故、D/Eレシオは安全性を分析する上で重要なのでしょうか?

ここでは、中小企業を例にとり、解説を進めます。D/Eレシオは、前述の通り、他人資本であり、返済の義務がある企業の借金(有利子負債)が、返済義務のない自己資本の何倍になっているかを測ります

多くの中小企業の場合、社債は発行していないため、有利子負債は、銀行などの金融機関からの短期借入金と長期借入金の合計になります。

有利子負債とは、その名前の通り、毎月、金融機関に元本や利子を返済する必要のある負債です。これは、毎月、企業に課されるキャッシュ流出要因となります。

有利子負債が大きければ大きいほど、流出するキャッシュの絶対額は大きくなっていきます。ですが、そのキャッシュアウトに耐えうるだけの自己資本があれば、どんなにキャッシュアウトの絶対額が大きくても、それほど問題ないでしょう。

そこで、有利子負債が自己資本(株主資本)の何倍になっているか、その相対的な割合を求めましょうというのが、このD/Eレシオです。

つまり、D/Eレシオが高ければ高いほど、「財務状況は悪化している・倒産のリスクは大きい」といえます。現在は、業績が好調で順調に成長を続けている企業でも、D/Eレシオが高い場合、少しでも成長が落ち込むと経営状態、財務状態が一気に悪化していく、というケースも多々あります。

D/Eレシオの目安は?

現代のファイナンス理論では、会社の規模や事業内容、その他おかれている環境などによって、企業それぞれに個別の最適なD/Eレシオがあるといわれています。

なので、経営者目線としては、まずは自社でベンチマークとする会社(おかれている財務状況や、事業内容などが類似している会社)を見つけ、そのD/Eレシオに近づけられるように努力するといった使い方をするのが、良いのではないでしょうか。

また、企業を分析するための、あくまで一般的な目線感としては、D/Eレシオが、「2.0」を超えたら、リスクが大きい、と判断できるのではないでしょうか。

逆に、D/Eレシオが「1.0」を下回るケースであれば、一般的には、財務状態が健全、と判断できるのではないでしょうか。

最後に

上記のような視点で、企業を分析する際、一度D/Eレシオを使用してみてください。

一般的に、「この企業はこれくらい成長しそうだ」「こんなに利益率が高い!」のような収益性や成長性にばかり目を向けがちですが、安全性の分析も、企業分析においては非常に重要です。是非、ご活用ください。

Share

こんなタグの記事が読まれています