投資ファンドによる“初心者のための”財務モデリング講座①

読み始めるにあたって

この講座は、事業承継や個人M&Aを志す方、M&Aによって事業成長を試みる中小企業の経営者といった層で、「ファイナンスやM&Aにかかわる経験がない・少ない」という方々をターゲットに作成しています。

しかし読み進めるにあたって、下記のような知識レベルが前提となっていることをあらかじめご理解ください。

<この講座を読み進めていただくにあたり、必要とされる知識レベルなどの前提>

簿記3級~2級程度の基本的な財務会計及び簿記知識

損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書などについて基本的な概念を理解している

<モデルサンプルをダウロードしよう>

今回の講座は、下記のモデルサンプル(エクセルファイル)をベースに解説を進めていきます。

まず、こちらからサンプルをダウンロードください。

財務モデルを作成する目的とは?

本講座で扱うのは、超簡易的なモデルです。今回は、本当に各論というよりは、幹の幹くらいの部分のみを解説する形になります。(細かい部分まで開設していきますと際限がなくなりますので)

実務上においての財務モデルには、他にも、LBOモデルやDCFモデルなどのモデルも存在し、より複雑なことを覚えておいてください。

ですが、こちらの講座は、業界未経験者の方に向けた、財務モデルの作成を通じて、財務3表の連動やバリュエーション、その過程で必要となる処理について、基礎的な部分や概念を理解する、という目的のものです。(複雑な項目や処理を簡便化・省略可している部分もあるかと思いますが)その点、ご理解いただけますようお願いいたします。

加えて、M&Aでの活用以外にも、もしあなたが経営者である場合は、財務モデルを作成して今後の事業活動や資金調達活動のシミュレーションを作成し、意思決定の材料にすることもできます。是非、この講座を通じて、これまでファイナンスに触れてこなかった方にも、ファイナンスに触れていただき、学びの多い講座にできればと思います。

財務モデルの作成プロセスと構造について

まず、始めるにあたって、財務モデル作成の全体プロセスを整理していきます。

今回の講座にて、モデル作成していくステップは、以下のようになります。

➀Inputシートで前提条件などを整理する

②Calculationシートで財務3表の作成に必要な計算を行っていく

(➀②は計算項目によっては同時並行的に進める)

この過程では、分かりやすいようP/L→B/Sという順番に組み立てていきます

➂Outputシートにて、PL、BS、CFSを連動させる

④Valuationシートにて、EV/EBITDAマルチプルを使った簡単なバリュエーションを行う

次に財務モデルの構造について説明していこうと思います。

今回配布しているモデルは、Input・Calculation・Output・Valuationの4つのシートで成り立っています。これは役割別にシートを分ける形をとっています。

「Input」シートでは、前提となる数値や予測を手入力していきます。

「Calculation」シートでは、計算式を用いて「Input」シートで入力した数字を計算してきます。

「財務3表」シートでは、「Calculation」シートの計算で算出した数値を財務3表モデルの形にアウトプットしていきます。

このように、役割でシートを分ける理由としては、

・構造をシンプルにし、情報の追加や前提条件の変更などをしやすくするため

・「作った人しか構造や情報の更新ができない」という状況をなくし、「誰でも」、後からモデルをレビューしたり、更新することができるようにするため

といったものあります。

最後に

第一回はここまでにしましょう。実際の講座は次回から扱っていこうと思います。

財務モデルは前述したように、ある程度の会計知識やBS・PLの基本的な概念(+今回はあまり必要ないですがエクセルのスキル)が必要になってきます。このサイトにおいても簿記の知識は学んでいけるのでぜひそちらもご覧ください。

よろしければ、SNSなどでも拡散も、よろしくお願いいたします。

また、当講座やモデルについてのご質問、ご指摘などは、こちらまでお願いいたします。

日本創生投資株式会社 牧

maki@nipponci.com

Share

こんなタグの記事が読まれています