fbpx

アーンアウトとは?

アーンアウトとは、M&Aにおける支払い方法の一つで、一括払いではなく、事前に設定した計画目標が達成された際に、追加の支払いを行う方式のことを指します。買い手にとっては、M&Aという高額投資に対するリターン、つまり、想定した事業計画やシナジー効果を達成・獲得することが目標になりますが、クロスボーダーM&Aやベンチャー案件においては、売り手の価格目線が高いこともあり、そもそもM&A案件まで持っていくこと、また、たとえ案件に進んだとしても、当初の目標を達成することが難しくなっています。しかし、アーンアウトでは、「クロージング時点」における支払い金額を抑え、「M&A後」に、目標の財務指標やKPIが達成されたことを確認してから、追加で買収金額を支払うことができるため、高額投資に対するリスクを軽減することができます。この支払い方法は、日本のM&A(スモールM&Aを含む)では、あまり浸透していない方法ではありますが、クロスボーダー案件では普通に登場する上、売り手にも、案件がブレイクしてしまう可能性を軽減できるというメリットがあることから、今後、日本国内案件において登場する機会が増えそうです。

関連用語→クロスボーダーM&Aとは?


記事監修

三戸政和(Maksazu Mito)

2005年ソフトバンク・インベストメント入社。兵庫県議会議員を経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行う。


こんなタグの記事が読まれています