fbpx

市場株価法とは?

市場株価法とは、マーケットアプローチの評価方法の一つで、証券市場の前日終値や数ヶ月ごとの終値の平均値などを用いて算定するものを指します。この評価方法は、上場企業同士の株式交換などに利用される客観的な評価方法ではありますが、スモールM&Aに登場する会社のほとんどは、未上場企業なので、そもそも使えないことも多々あります。また、一般的に、市場株価法をはじめとしたマーケットアプローチで算出される市場価格は、買収プレミアムを考慮していないこともあるため、実際の買収価格より低くなります。

関連用語→マーケットアプローチとは?


記事監修

三戸政和(Maksazu Mito)

2005年ソフトバンク・インベストメント入社。兵庫県議会議員を経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行う。


こんなタグの記事が読まれています