fbpx

セルサイドDD(デューデリジェンス)とは?

セルサイドDD(デューデリジェンス)とは、ベンダーデューデリジェンスと同義で、売り手企業が事前に行うDDのことを指します。M&A取引において、売り手側が把握していなかった問題点を買い手がDDで発見した場合、買い手はその問題点(リスク)を見込んで、必ずと言っていいほど、買収価格の減額などの要求をしてきます。このような現象は、非上場のオーナー企業のケースやカーブアウトM&Aのケースの際に起きることが多く、売り手としては、満足のいく価格で売却するために、自分の会社の問題点を”事前”に把握し、対処する必要があります。そのため、売り手が事前にDDを実施することの必要性が唱えられ始め、現在、セルサイドDDは日本においても浸透しつつあります。

関連用語→ベンダーデューデリジェンスとは?


記事監修

三戸政和(Maksazu Mito)

2005年ソフトバンク・インベストメント入社。兵庫県議会議員を経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行う。


こんなタグの記事が読まれています