fbpx

チェンジオブコントロール条項とは?

チェンジオブコントロール条項(Change of Control:COC)とは、M&Aなどといった経営権の移動が生じた場合に、商取引の契約内容に制限がかかったり、契約を解除することができる規定のことを指します。例えば、店舗物件やオフィスビルを借りている企業において、M&Aによって経営権の移動が生じたケースを考えます。このときに貸主に対して、通知または承諾を得なければいけません。仮に貸主が承諾しなかった場合、入居していた企業が退去を求められることになります。チェンジオブコントロール条項には、通知義務のみが記載されているケースもあれば、通知義務に加えて契約解除も記載されているケースもあります。この問題は法務デューデリジェンス(DD)の際に発覚するケースが多く、買い手は事前に売り手側の契約書の中でもチェンジオブコントロール条項に対応する必要があるのかどうかチェックすることが重要となります。

関連用語→法務DDとは?


記事監修

三戸政和(Maksazu Mito)

2005年ソフトバンク・インベストメント入社。兵庫県議会議員を経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行う。


こんなタグの記事が読まれています