fbpx

競業避止義務とは?

M&Aにおける競業避止義務とは、M&A後に売り手が買い手に不利益を生じさせないため、または、企業価値向上を妨げないために、売り手が負う競業禁止の義務のことを指します。一般的に、「元オーナーは一定期間の間、その地域で同じビジネスを始めてはならない」といった形で、契約書の条項として盛り込まれ、元オーナーの競合となりうる事業活動を制限します。

関連記事→競業避止義務について回答済みのQ&Aコーナー


記事監修

三戸政和(Maksazu Mito)

2005年ソフトバンク・インベストメント入社。兵庫県議会議員を経て、2016年日本創生投資を投資予算30億円で創設し、中小企業に対する事業再生・事業承継に関するバイアウト投資を行う。


こんなタグの記事が読まれています