競業避止義務とは?

M&Aにおける競業避止義務とは、M&A後に売り手が買い手に不利益を生じさせないため、企業価値向上を妨げないために、売り手が負うべき競業禁止の義務のことを指します。これは一般的に、「元オーナーは一定期間の間、その地域で同じビジネスを始めてはならない」といった形で、契約書の条項として盛り込まれるもので、会社を売った後の一定期間(主に20年間)は、売り手がその地域で競合となるようなビジネスをしないという約束として結ぶものになります。

Share

こんなタグの記事が読まれています